Orazio Lucianoのボタンホールの個性から見えるもの

Ciao!東京駅前店の小山です。

前回ご紹介したOrazio Luciano(旧 La Vera Sartoria Napoletana)ですが、そのジャケットの見た目で特徴的なのはボタンホールです。

orazio_05

まずはこの立体感を見てください(上と下の写真)。手かがりのボタンホールはミシンに比べて立体的になるのが特徴ですが、Orazio Lucianoの立体感はその中でもトップクラスです。

orazio_12

下の2枚の写真はミシン縫いのボタンホールです。このようにとても規則正しくはありますが立体感が全くありません。

brioni_001

brioni_002

Orazioの正面から見た表情はこんな感じです↓手縫い感がすごく主張していますね。

orazio_01

orazio_04

orazio_07

orazio_11

こちらはCesare Attoliniです↓もちろん立体的ですが、Orazioに比べると優等生的な雰囲気です。

attolini_13

attolini_14

そしてオラッチオ・ルチアーノ氏がマスターテーラーを務めていたKitonはこちらです↓AttoliniとOrazioの中間的な雰囲気でしょうか。

kiton_15

kiton_16

ラペルのボタンホールは特に目立つので、やはり手かがりはいいですね。Orazioはここも特徴的で、袖と同じ15㎜幅になっているのが他ブランドと異なる点です。通常は20㎜幅です。

orazio_03

orazio_08

orazio_09
ボタンホールの表情は職人さん一人一人の個性が出やすい箇所です。Orazio Lucianoは自身の工房で仕立てており、技術の伝達もサルトリア内で行われているからこそ可能な個性なのでしょう。

Ciao ciao

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です