◆ 愛車アルファロメオ159とお別れの前日に◆

店先で不動になって2週間。

部品取りで解体されるため明日レッカーされて行く愛車アルファロメオ159が、同じアルファロメオJuliaに乗る初来店のお客様を呼び寄せてくれました。

店に停まっているalfaromeo159SWを通りがかりで偶々見て吸い寄せられたそうです。

60代の陽気で紳士な方でした。

車やバイク、ライフスタイルやイタリアの事などかれこれ2時間くらい話をしたでしょうか…

“これも何かのご縁だね”とレザージャケットとバッグ2つを大人買いしてくださって、お見送りした後わざわざ戻って来られて記念にと私&愛車を写真撮ってくださり、再会をお約束したあと納車されたばかりの白のジュリアに乗り込み、笑顔で颯爽と帰って行かれました。素敵でした。

実はこんなエピソードは今まで何度もありました。アルファロメオは類友を引き寄せる魅力ある愛すべき車なんだよなぁと改めて思います。

思い返せば、あちこち故障して1年のうち3ヶ月は入院してたなぁ。今となってはほろ苦くも甘酸っぱい良い思い出です。

ジウジアーロデザインの真っ赤な怒り顔で派手なフロントフェイスと綺麗なヒップの憎めないじゃじゃ馬。

明日別れる時、きっと泣くだろうな…😢

次の車ももちろんアルファロメオになるでしょう。

大好きなイタリアで繋がるご縁を大切に、これからも楽しんでゆきたいと思います。

ジョバンニ丹下(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です