「好きが高じて靴作り開始」の巻①

ヴォンジョルノ!

いよいよ靴作製を開始しました。

初日から完成までの出来事を気ままに綴っていきたいと思います。

「アルティジャーノ店主、好きが高じて靴作り開始」の巻。

ハンドソーン製法靴の初心者コースの教室
初日。

まず、足の採寸。
これはその靴教室(靴メーカー)所有の既存のラスト木型から
自分の足に最も合いそうなものを選択するための計測。

次に、作る靴のデザイン決め。
これも既存のサンプル(8種位)からの選択。

それから、使う皮革決め。
クロム鞣し革20種類、アニリンカーフ10種類の中から選択。
残念ながらエキゾチックレザーは×。スエードも×。

で、結論は・・散々迷って・・セミスクエアトゥのチャッカブーツ。
プレーントゥ(前半分)をパープルブラウン色アニリンカーフ、
外羽根~ヒールカップをボルドー色グレインレザーという
コンビネーションに決定。

定番過ぎず奇抜過ぎずの中でのバランス取りに頭を悩ませ、
決めるのに100分。

2回目から作製作業開始。
次は二週間後です。

いや~愉しーっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です