S.ブランキーニの考えるチャッカブーツ。

878b8bc7.jpg

秋真っただ中ですね。
愉しめることが多すぎて、時間が経つのが早い早い!

さてさて。
イタリア~ボローニャに本拠を構えるカリスマ的なシューズブランド
「Stefano Branchini」については以前にご紹介しましたね。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=56344963&comm_id=4415531

ステファノ・ブランキーニ氏は、実に研究熱心で独創性に富むお方。

ノルベジェーゼ、グッドイヤー、ブラックラピド、マッケイ
あらゆる製法を使い分け、靴のデザインと機能を巧みに融合させます。

また、イタリア的な武骨で個性的なフォルムを作り出すかと思えば、
イギリス英国的な定番靴を氏独自の解釈でインスパイアしたり。

例えば写真のスクエアトゥとラウンドトゥのチャッカブーツ。

一見全く違うブランドの靴のようですが、
実は共にブランキーニのグッドイヤー製法ラインの靴です。

見た目も違えば履き心地も違います。
でもどちらもブランキーニらしいディテールが満載なのです。

いや~やっぱり一流のイタリア靴は、
履き手の感性を常に刺激してくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です