ダンディズムを象徴する帽子とは・・。

b8ecefdc.jpg

間もなく2月です。
今日もとっても寒いですが、しばらくこの寒さは続きそうですね。

さてさて。
皆さんは、頭の寒さしのぎはどうされていますか?

ニット帽。カジュアルスタイルには欠かせないですね。
ハンチング。アウトドアスタイルには相性が良いでしょう。
野球帽。スポーツしましょう。
何も被らず我慢する。偉い!笑
中折れハット。ビンゴ!スーツやジャケパンなど紳士スタイルに相性バッチリ。

紳士の帽子で世界的に最も有名なブランド、それは【ボルサリーノ(Borsalino)】だと思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%82%B5%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8E

ボルサリーノは、帽子職人ジュセッペ・ボルサリーノが1857年に北イタリアのアレッサンドリアに帽子工場を設立したのが始まり。
1970年にアラン・ドロン主演の映画「ボルサリーノ」が上映され、その名は世界中に浸透しました。

帽子好きな人はもちろん、本物の紳士スタイルを目指す方なら必ず憧れる帽子ではないでしょうか。
単なるモノとしてではなく、ダンディズム=男の生き様というべき”美学”がそこには含まれているからです。

この度、”本国イタリア製の未使用新品”を何とかガンバって複数ご用意しました。
ただし価格は中古並みに抑えましたので、購入を諦めていた方には朗報だと思います。

ここのラビットフェルトハットは本当に美しいです。

1品1様ですのでお早めにどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です