【ブリオーニ Brioni】ウールダブルチェスターコート 48~50 濃紺

¥283,800 (税込み)

★国内定価90万円位の超高額モデル!★クラシコイタリア最高峰=既成最高峰★正統かつ贅沢の極み~最高級ウール素材採用★イタリア製★美品【Brioniブリオーニ】紳士重衣料 最高峰の究極に贅沢でエレガントな本格派ダブルブレストチェスターコート!サイズ48やや大きめ

在庫あり

商品コード: CBR0004 カテゴリー:

説明

商品データ

【カラー】ネイビー濃紺色ヘリンボーン織り無地(画像参照)
【素材】表地;ウール100%、裏地;キュプラ
【生産国】イタリア製
【SIZE】表記;48(50寄りで、参考までに日本サイズL位です。※写真のマネキントルソーはメンズ標準Mサイズ)
平置きの実寸で着丈(後ろ側エリ含まず)108、身幅(脇下幅)55、最小身幅51、肩幅(肩先間の直線距離)46、袖丈61.5(袖ボタン眠り、内側生地折り返し5cm位あります)cm。
【状態】usedですが着用感少なく、特記すべきダメージ見当たらず、状態良好です。
CBR0004

商品説明

ご存知、紳士重衣料の最高峰でありイタリアクラシコの頂点に君臨するイタリア・ローマの貫禄の老舗サルトリアブランド【Brioniブリオーニ】

その贅沢の極み~最高級ウール素材を採用した究極にエレガントなダブルチェスターコートです。

現在同等のものを国内直営店で購入するならば90~100万円位かと思われます。

一見して分かる上質な色艶としっとりしなやかな最高級ウール素材を贅沢採用し、世界最高峰のテーラリング技術を持つ職人の手仕事によって極めて丁寧に仕立てられた、まさにクラシコイタリア最高品質の美しいチェスターコート。

クラシコイタリアーノの美しいシルエットと極上のフィッティングにより普段使いとしてはこの上無く贅沢で、エグゼクティブなシーンにはもちろん、お出掛けやパーティー・等にも頼もしき究極のパートナーとなると思います。

【ディテール・仕様】
ハイゴージピークドラペルのダブルブレスト、フロント3つ×2列ボタン、袖口4つ重ねボタン開き見せ眠り、両脇にD管留め&両玉縁フラップポケット、内側にD管留め&両玉縁ポケット、お台場仕上げ、総裏地、センターベント。

着心地に関わる重要なパーツはもちろんのこと、マシンメイドでは出せない滑らかに湾曲したポケット、きれいな形状のラペルの縫付け、使い易い高さのボタン縫い付け、ボタンホールやフラワーホールの手かがり、そしてラペル~フロントライン・ポケット縁のハンドステッチなど、高度な職人技によるディテールが随所に見られるのも魅力です。

機能美・デザインディテールとしてはもちろんですが、手間が掛かっていることが一目瞭然で、見る人が見れば高級テーラードということが一瞬で分かります。

正統派のブリオーニらしくクラシックなフォルムの普遍的コートであり、定番のネイビー濃紺色ヘリンボーン織り生地が見るからにエレガントで文化的な印象を与えます。

特質すべき、しっとり柔らかく最高にしなやかな肌触りの極上ウール素材は、快適かつシワになりにくい復元力も兼備した極めて上質な、ブリオーニだからこそのエクスクルーシブ素材です。

そして世界最高峰のテーラード技術を駆使した、極めて美しいカッティング~テーラリング。

そのエクスクルーシヴ生地と最高に秀逸な本場のテーラリング仕立てが、クラシコイタリア最高峰のフィット感と美しいドレープを実現し、着手の存在感をエレガントに魅き立てますよ。

クラシコイタリアサルトリア界最高峰「Brioniブリオーニ」の超一流テーラリング仕立て服の着心地と優越感は、一度体感したら完全に虜になると思います。

重衣料業界で知らない人はいないイタリアクラシコの最高峰サルトリアブランド【Brioniブリオーニ】究極のダブルチェスターコートを1点のみ、お探しの方にお安くお譲り致します。

※インナーは撮影時のイメージで、付属品ではありません。

Brand

Brioni / ブリオーニ

1945年、品質重視の注文紳士服店としてガエターノ・サビーニとナザレ・フォンテコリの二人によってローマに設立されたイタリアを代表する超高級ブランド。 社名は、イタリア半島とバルカン半島に挟まれたアドリア海北部の保養地ブリオーニ島に由来します。 2002年まではクラシコイタリア協会にも加盟しており、同協会の顔でもありました。 素材からカッティング、縫製、仕立てに関する全ての要素が最高の次元に達しており、世界中のセレブが愛用しています。 ブリオーニは、工業的生産レベルで既製ハンドテーラードスーツを世に送り出すことに成功し、今日までイタリアンファッションのエレガンスを提案し続けています。 ブリオーニのスーツは一着に3000以上もの刺繍が施され、42回もアイロンがかけられるといった技法的な面でベストであることは当然なこととして、その存在自体がクラシコ・イタリア最高峰のブランドであることと同時に、今やグローバルスタンダードなスーツブランドであることはまぎれもない事実です。 1960年代、当時主流であったイギリスのサヴィル・ロウ仕様のクラシカルなスーツではなく、最新のイタリアンコンチネンタルスーツを世に問い、ゲーリー・クーパーやジョン・ウェインといったハリウッドの一流スターがこぞってブリオーニを着るほど、アメリカのマーケットで大成功を収めます。 以後、アメリカをはじめとする世界でのブリオーニ人気は不変となり、色気と華を併せ持つブランドとして紳士服のスタンダードへと登りつめていきます。 象徴的な話題として、1995年の冬に公開された英国映画「007/ゴールデンアイ」では、新たなジェームスボンド役に抜擢されたピアーズ・ブロスナンが身にまとうスーツとしてブリオーニが選定され、サビィル・ロウ以外で初めて作られたジェームス・ボンドのスーツという話はあまりにも有名です。 現在もその顧客は錚々たるもので、模範的なスーツスタイルで引き合いに出される国連事務総長のコフィ・アナン氏などもその顧客一人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です