【エドワードグリーン EDWARD GREEN】外羽根スエード革Uチップ DOVER 8.5 E 32 茶

¥99,000 +税

★現国内定価20万円位の最高級靴★人気カラーの名作モデル”DOVERドーヴァー”★DOVERに相応しい#32ラスト採用★最高峰イギリス英国製★美品【EDWARD GREEN】人気定番 傑作モデルの美麗ライトアングル手縫いモカUチップ装飾の外羽根Uチップドレスシューズ!サイズ8ハーフ

在庫あり

商品コード: SEG0050 商品カテゴリー:

説明

商品データ

【カラー】エスプレッソ 濃茶色(写真参照)
【素材】アッパー;本革スエードレザー、ソール;レザー+つま先にヴィンテージスチール後貼り
【生産国】イングランド英国製
【SIZE】表記;UK8 1/2/US9 E 「32ラスト」(参考までに日本サイズで27.0~27.5cm程度、薄い中敷き入れて26.5㎝位までに対応すると思います)
実測で外寸の最大長さ304、最大幅103、ヒール高さ28 mm。
【状態】usedですが着用感少なく、特記すべきダメージ見当たらず、状態良好です。写真の専用オリジナル木製シューツリー・専用箱・保存袋2つを付属します。
SEG0050

商品説明

ご存じ、既製靴の中で最高峰のブランドと謳われる「ジョンロブ」と双璧を成す靴業界最高品質のイギリス英国靴シューズブランド【エドワードグリーン】

そのE.greenにおける外羽根Uチップの代表作にして時代を超越した傑作靴、メンズEX監修の靴バイブル「最高級靴読本」のE.green欄でもトップページを飾っている名作モデル「DOVER(ドーヴァー)」です。

「Uチップ靴の最高傑作モデルは?」と聞かれてこの”DOVER”を上げる業界人が最も多いことが頷ける完成度。

工芸品のようなオーラを放つ佇まいと実用品としての機能性がバランス良く同居した、まさに英国靴の代表モデルです。

グリーンの中で最も細身でエレガントなラウンドトゥ木型で、英国靴でも特にスマートなフォルムを持つ人気の傑作#32ラストを採用。

E.グリーンならではの美しく上質な深みと色艶のある極上タバコスエードレザー素材を採用し、素材そのものの美とエレガントなデザイン性を全面に打ち出した、ドレッシーかつカントリーテイストなフロントフェイス。

超絶的に高度な職人技が宿るハンド手縫いライトアングルステッチのモカ縫いUチップ&シームレススキンステッチを装飾したエレガントな傑作ダービーシューズです。

クラシックで正統な外羽根5アイレット、そして見事な手さばきによる美しいライトアングルモカ手縫いステッチのUチップ装飾&スキンステッチで彩られたアッパーフロント。

ブリティッシュトラッドの伝統と現代的モダンを融合したラウンドトゥとやや内振りスタイルも、このラスト木型の定番フォルムです。

EGを代表する完成された名ラスト#32を採用し、最高級皮革素材を用いグッドイヤーウェルト製法で丁寧に作製されていますので、言うまでもないですが履き心地は抜群に素晴しく、外観の美しさ・存在感は圧倒的で、しかも堅牢で10年以上履ける逸品です。

履くほどに足に馴染んでしなやかになり、堅牢にしてソールの返りも良好、ボールジョイント~土踏まずウエストアーチ~ヒールカップの一連にわたるホールド感も非常に優れ、安定感があり履きやすく歩行し易いです。

繊細なステッチワーク、丁寧な出し縫いやコバの処理、機能的スペードソール仕様など、外観からは見えない部分やディテールまでこだわり抜かれた品質。

それゆえ靴としての実用的機能はもちろんのこと、トータルとして、履き心地から靴の持つ雰囲気・存在感は卓越しており、見るからにノーブルで高貴な品格に溢れています。

また、極めて上質で雰囲気のあるエスプレッソ 濃茶色スエードレザー本革素材なのでお手入れに確実に応えてくれ、天然毛ブラシでメンテナンスするだけでしっとりとした深い光沢が維持できます。

とても創り込まれた普遍的な人気デザインの最高級ドレスシューズですので、オンのスーツスタイル~各種パーティーにはもちろん、オフのジャケパンスタイルやチノパン・デニムパンツなどカジュアルとのが良く、オールラウンドで活用できるのも嬉しいです。

どこの世界に行っても一流のステイタスを持つ英国の最高峰靴ブランド【エドワードグリーン】の実力が詰まった貴重な名作ドレスシューズ「DOVER(ドーバー)」を1点のみ、お探しの方にお安くお譲り致します。

※写真の雑誌・背景物は付属品ではありません。

Brand

Edward Green / エドワード・グリーン

1891年にEdward Green(エドワード・グリーン)氏が靴の聖都、英国ノーサンプトンに創業した正統派英国靴のメーカー。 ひたすら上質であることを追求し、類稀なその履き心地の良さから”伝説の靴”とまで謳われるようになります。 しかし、その実力と名声とは裏腹に一時は経営が悪化し瀕死の状態に陥ったが、1983年にイタリアで靴のデザイナーをしていた前社長の故ジョン・フルスティック氏により再建され、英国臭くどこか朴訥としていたデザインに少しずつ洗練を加えながら、世界中で大人気を博すブランドへと成長。 今や押しも押されぬ、唯我独尊を行く高級紳士靴の中の最高峰シューズブランドです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です