「Brand: Mantelassi / マンテラッシ」の記事一覧

ストール・マンテラッシは1912年、マンテラッシ家の靴職人であるエットーレ氏とエネア氏によって、フィレンツェの小規模工房からスタートしました。
ラテン語で「腕利きの靴修理人」を指す”SUTOR”をブランド名に冠した100年近い歴史を持つクラシコイタリアを代表する紳士靴ブランドです。
現在も職人の手で全商品を作成し、グッドイヤー製法、マッケイ製法、ノルベジェーゼ製法、ボロネーゼ製法、トゥボラーレ製法等の 5つの製法を靴のデザインにより使い分けます。<BR>
厳選した素材のみを使用し、芸術とさえ言われる卓越した技巧によって作り出される同ブランドの靴は、最もイタリアらしいイタリア靴として、今なお多くの伊達男たちを魅了しています。
クラシコイタリア協会会長(ルカ・マンテラッシ氏)を輩出し、ブリオーニやルイジ・ボレッリとともに、イタリアの古典的・伝統的な技術の確立に貢献してきました。
ことにイタリアを代表する俳優マルチェロ・マストロヤンニは1965年、ハリウッドのブルーバード通りに自らのサインとともに足型を印したが、その際に履いていたのが同社の靴だったというから、そうとうに熱心なマンテラッシ・ファンでした。
そんな名門ブランドが日本で広く知られるようになったのは、1990年代半ばに起こったクラシコ・イタリアブームのさなか。
クラシコシューズのアイコンであるスクエアトゥが一大トレンドとなり、ストール・マンテラッシも人気ブランドへと台頭したわけですが、実はこれよりはるか以前から、同ブランドはクラシックシューズからヒントを得たスクエアトゥを積極的に展開し、本国ではスクエアトゥの元祖とみなされていました。
長らくファミリー企業として営まれてきた同ブランドは、2006年にホールディング・イタリアン・ラグジュアリーの傘下に入り、100年近く培われてきた技術マニュアルを継承しつつ、新生マンテラッシとして再スタートしています。

記事が見つかりませんでした。

まだ記事が投稿されていません。以下でキーワードやカテゴリーから記事を探すことができます。

以下のカテゴリー一覧から記事を探すこともできます。