【コラム】Kiton-キートン- ブリオーニとは何が違う? Artigiano-Tokyo

こんにちは。
Aartigiano-Tokyoです!

本日は割とライトな記事です。

一般的に世界最高峰に例えられる紳士重衣料(スーツやジャケット)は?と問われたら、ブリオーニ、そしてキートンの名前が上がります。※当店が最も高く評価しているアットリーニは、日本での知名度があまり高くないので今回に限り除外します。

日本の高級ブティック街に並ぶこの2ブランド、服に詳しくても看板は見たことあるという人もいるのではないでしょうか。
紳士の憧れなんて言われ、よく比較されるこの両者。

ところでキートンとブリオーニの違いってなんでしょう?実際、仕立てやシルエットの違いを知っている人は実はあまりいないのではないでしょうか。

キートンのジャケット

小難しい話はなしにしてざっくりと分けると、
キートンは”ふんわり”
ブリオーニは”かっちり”
こんなイメージです。

前回のブログでブリオーニは政治の街で生まれ保守的なシルエットが基となっているとお話ししました(最近のブリオーニはかなりモード寄りですが)。

キートンは恐らく多くの方が想像される”イタリアっぽい”仕立てです。
南イタリアの企業らしく全体的に軽くふんわりしており、生地は柔らかくラグジュアリーなものを使う傾向にあります。

シルエットは丸く、カーディガンのようにふわっとした仕立て。

上流階級の”遊び心”のようなスーツであってもどこか余裕さがあり、休日やバカンスを想像させる作りです。
特に生地のラクジュアリーさに関しては折り紙付きで、最高峰として知られるセレクトショップ:タイユアタイの別注に選ばれるのもキートンが多い。
カシミア100%の生地など、衝撃的なスーツもあります。

キートンは南イタリアのナポリの出ですから、基本構造はナポリ仕立てです。
割と張り感のある生地を使い力強い仕立てを得意とするブリオーニとは、ディティールも仕立ても大きく違います。

前述の生地も、ダーッと機械縫製で縫ってしまえばあっという間に破れてしまうほど繊細な生地。
手縫いでメリハリをつけ、仕立てに柔軟性を持たせた技巧を駆使しないと再現できない立体感です。

ハンガーにかかっていると重力に負けテロンとしていて全然格好良くない。
しかし人が着た瞬間、花開くようにぱっと華やかで美しいドレープラインと立体感が出る。
それがキートンの服です。

このようにキートンとブリオーニははかなりディティールが違うので、その人の客観的イメージや、自分をどう見せたいのかよく考えて着るブランドです。どちらもブランド名で着る「ブランド買い」ではないたぐいですね。
キートンは着るけどブリオーニは着ないという人、あるいは逆の方も結構いらっしゃいます。

当店のハンガーラックはキートンとブリオーニ、そしてアットリーニが隣同士に並んでいるなかなか強烈な空間ですので、ぜひ3ブランドの仕立てや設計思想の違いをご体感ください。

本日はキートンのイメージについてでした。

Artigiano-Tokyo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です