着る宝石Kiton

Ciao!東京駅前店に小山です。
今回ご紹介するのは皆さんご存知Kitonです。

kiton-1

KitonはCiro Paone氏によって1969年に創業されました。なんとあのチェザレ・アットリーニ氏、エンリコ・イザイア氏、ルチアーノ・バルベラ氏も立ち上げに参画しました。

日本では1970年代に三越が取り扱っていたそうですが、ラペルのパッカリング(波打ち)にクレームが相次ぎ、すぐに撤退してしまったようです。今思えば苦笑いするしかありません。。

kiton-2

2010年に生地メーカーのカルロ・バルベラを傘下にし、現在では使用する生地の約6割がバルベラ製のものです。とにかく素晴らしい生地を使うのがKitonの特徴です。

アルティジャーノで取り扱いのあるスーツ・ジャケットだけでも、カシミヤ100%、カシミヤ50%とリネン50%、ベビーアルパカ100%、super180’s相当などなど、ノーマルなウール生地を探すほうが難しいほどです。

当店では過去に、ヴィキューナ97%というとんでもない生地のKitonスーツも取り扱いがありました!テーラーさんでもほとんど見たことがない生地かと思います。

現在でもアットリーニと共にナポリの2大巨頭として君臨しています。

Ciao ciao
創業者名でもあるCiroという名前はナポリ特有のファーストネームらしいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です