フィレンツェ仕立ての代名詞 Liverano & Liverano

Ciao!東京駅前店の小山です。

フィレンツェでは、30年前には40件ほど有名なサルトリアがあったそうですが、現在ではかなり減ってしまったようです。しかし、フィレンツェ仕立てというエレガントでややフェミニンな雰囲気が漂う独自のスタイルを気付いたことで根強いファンがいます。

liverano-3
そんなフィレンツェ仕立てですが、ビスポークメインのサルトリアの中では、ナポリも含めておそらくLiverano & Liveranoが日本で一番有名なイタリアの仕立て屋ではないでしょうか。Liverano & Liveranoはプーリア州出身のリベラーノ兄弟がフィレンツェで創業しました。プーリア州はイタリアをブーツに例えると踵に位置します。フィレンツェやミラノのサルトは南イタリア出身者が多くいます。

liverano-2
現在は弟でサルトフィニートのAntonio Liverano氏が代表を務めています。今年7月にLiverano & Liveranoを訪問した日が偶然にもアントニオ氏の誕生日でした。80歳になった現在でも毎日ハサミを握っています。

liverano-1
他のサルトリアとは違い、セレクトショップのような雰囲気のお店ですのでとても入りやすいです。お店の奥には職人さん達が働く工房があります。フィレンツェの街中にありますので、旅行に行かれた際は寄ってみては如何でしょうか。

Ciao ciao

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です