正統な紳士靴を嗜むvol.25〜ヴィンチ村の幻靴マリッリ

Buongiorno‼︎アルティジャーノチャオ名古屋本店、ただ今張り切ってオープンです!

東京駅前店はコロナ感染防止対策で5/14まで休業中です。オンラインショップは365日いつでも営業中です!

第25回の今日は、1969年生まれの新鋭アレッサンドロ マリッリ氏がフィレンツェ郊外のヴィンチ村で1人で切り盛りしているスミズーラ注文靴工房「Marilli」です。

靴職人であった祖父を持ち、父親もジョンロブでボノーラ製があった時代にボノーラで職人をやっており、ボノーラ製のマッタなどを作っていたとか。

16歳で靴作りを志し、ジョンロブに在籍した師匠に弟子入り。
その後わずか21歳で独立を果たした天才肌のシュークリエイターだ。

伝統的なハンドソーンウェルテッド製法を駆使しつつも、よりソフトで快適な履き心地を追究し続けている。

デザインはクラシックでエレガントな中に洗練された独自のモダンな感性が加味された個性的なものである。

彼の靴が日本に紹介されたのはわずか2年間で、市場に出た数もごくわずかであった。

しかも現在は休業中となっており、マリッリの靴はまさに幻の靴となっている。

特別に希少靴のため当店でも入荷は稀ですが、現在は奇跡的に2足在庫ございます。

↓詳しくはこちらをご覧くださいね↓
https://artigianociao.jp/brand/marilli/

皆様にとって今日も平穏無事な一日でありますように。

#marilli #マリッリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です