正統な紳士服を嗜むvol.24〜ローマの貴族服ガエターノアロイジオ

Buongiorno‼︎アルティジャーノチャオ名古屋本店、ただ今張り切ってオープンです!

東京駅前店はコロナ感染防止対策で5/14まで休業中です。オンラインショップは365日いつでも営業中です!

第24回の今日は、ローマの不出世な天才サルトフィニート「Gaetano Aloisio」です。

南イタリア・カラブリア出身のかの天才的サルトは、11歳の時に仕立て屋として修行を始め、弱冠22歳でフォルビチ・ドーロ(金の鋏)賞を受賞。

当時22歳で最年少の受賞だったが、その記録はいまも破られていません。

その後1990年に27才で独立し、ローマにアトリエを構えます。
のちにパリにもサロンを設け、世界各国に顧客を抱えるためローマ~パリを往復しています。

国内の政界関係者や海外の要人も訪れる名門サルトリアとして名を馳せます。

堅い職務に就きながらも、エレガントなスーツを好む彼らの感性があるからこそ、ローマの街は華やかなのかもしれません。

イタリア人のサルトとしては珍しく、顧客ひとりひとりの型紙を布で作製し、オーダーをきっちり仕上げる事を徹底しています。

採寸も極めて確実かつ手仕事ハンドによる縫製の丁寧さと綺麗さは天下一品と認められ、信濃屋・白井氏もお墨付きの最高級サルトです。

ビスポーク注文服のみの取り扱いゆえに生産数が僅かで日本でほぼ流通がなく、ただでさえレア物ですが、当店独自のルートによって現在貴重な2着の在庫がございます。

↓詳しくはこちらをご覧くださいね↓
https://artigianociao.jp/brand/gaetano-aloisio/

皆様が今日も平穏無事な一日を過ごせますように。

#gaetanoaloisio #ガエターノアロイジオ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です