原点に戻ったナポリの仕立て屋Sartoria Costantino

Ciao!東京駅前店の小山です。

ナポリの仕立て屋はアパートの一室にアトリエを構え、そこで接客をしたり縫製したりしています。しかし100年以上前はテーラー自らが顧客の元へ出張し、採寸・仮縫い・納品を行う形態がほとんどでした。

costantino_03
この形態を現代において復活させたのがコスタンティーノ・プンツォ氏です。現在50歳のこの業界では若手です。

costantino_01
コスタンティーノ氏はお客さんの元に出向いて要望を聞き、それを職人に伝えます。通常、ナポリのサルト達は採寸・裁断・縫製すべてを行うのに対し、コスタンティーノ氏は採寸のみ行います。フィッターという言葉が一番当てはまるでしょうか。

costantino_05
日本へは年に4回来てオーダー会を行っています。既製品の取り扱いはないので(アルティジャーノ以外の)ショップで商品を見ることはできません。

costantino_07
実はSartoria Costantinoのスーツを作っている職人さんもすごいんです、、が、それは次回ご紹介します。

Ciao ciao
写真のスーツは驚くほど重いヴィンテージ生地でつくられています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です