正統な紳士服を嗜むvol.34〜華の都フィレンツェの巨匠リベラーノ

Buongiorno‼︎アルティジャーノチャオ名古屋本店、ただ今張り切ってオープンです!

東京駅前店はコロナ感染防止対策で現在休業中です。オンラインショップは365日いつでも営業中です!

第34回の今日は、多くの紳士ファッション誌にも取り上げられる世界的に有名なフィレンツェの優良サルトリア「liverano & liverano」です。

アントニオ・リヴェラーノは1937生まれのプーリア州出身。11歳のとき、古都フィレンツェに移り住みます。

兄であるルイジの背中を追うように洋服の仕立ての世界に入り、以来60年近い歳月をサルトとして歩んできました。

長靴の踵部にあたるプーリアもまた、独自の仕立て文化を育みます。

バロックやロマネスクの貴重で美しい建造物が残るためか、非常にユニークな構築感を素朴な仕立のなかに宿すのです。

リヴェラーノ&リヴェラーノが仕立てる服は、そうしたプーリアの手がトスカーナで洗練されて完成されました。

ルネッサンス文化が花開いた街フィレンツェは、イタリア最大の服飾見本市ピッティ・イマジーネ・ウォモが開催される街としても知られています。

世界各国から集まったバイヤーたちの目的は、最新トレンドをここでチェックすることともうひとつ、フィレンツェの洒落者たちが通う、名サルトを訪れることにあります。

その名もここに紹介するリヴェラーノ&リヴェラーノなのです。

サルトリア・フィオレンティーナそのものを代弁するこのサルトの最大の特徴は、脇見頃ダーツを取らずにウエストラインをすっきりみせるシルエットと、肩のラインが背中側にぐっと落ちた構造にあります。

そうすることで、実に華やかで優雅な雰囲気が醸されるのです。
北イタリアやナポリからは見受けられない強い個性に裏打ちされたスタイル。

華があり、どこか優雅さをたたえている服の背景にあるのは、14世紀から連綿と受け継いできた芸術的感性にほかなりません。

一瞥するだけでそれとわかる独特の色と香り、それこそが、サルトリア・フィオレンティーナの精神なのです。

店主の私も毎年フィレンツェで表敬訪問する優良サルトリアの一つです。その服を纏えば自分のマインドはもちろん、周りの見る目さえガラッと変わるのを体感できるはずです。

↓詳しくはこちらをご覧くださいね↓
https://artigianociao.jp/brand/liverano-liverano/

皆様にとって今日も平穏無事な一日でありますように。

#liverano #リベラーノ #リベラーノリベラーノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です