2つのSartoria Attolini

Ciao!東京駅前店の小山です。

皆さん、Sartoria Attoliniが2つ存在したことをご存じでしょうか?

IMG_23821つはロンドンハウスで活躍した初代アットリーニのヴィンチェンツォが1950年代に創業したサルトリアです。ヴィンチェンツォは亡くなる1971年まで、ロンドンハウスと自身のサルトリアを兼務していました。

このSartoria Attoliniは長男のクラウディオが引き継ぎましたが、クラウディオの2人の息子達はどちらも銀行員になったようです。そしてクラウディオは引退後に商標を弟のチェザレに譲渡しました。これが2つ目のSartoria Attoliniです。

IMG_2385現在、広く知られているAttoliniは1980年代にチェザレが創業した後者の方です。10年ほど前にはSartoria Attoliniから自身の名を冠したCesare Attoliniに変更されました。

ヴィンチェンツォは先週ご紹介したようにナポリ仕立ての原型をつくり、その三男チェザレはナポリ仕立てによる高級既成スーツというジャンルをつくり、ナポリ仕立ての歴史に大きな足跡を残しました。

Ciao ciao

GWも通常通り営業します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です