正統な紳士服を嗜むvol.71〜ナポリ随一の老舗ルビナッチ(旧ロンドンハウス)

Buongiorno‼︎アルティジャーノチャオ名古屋本店&東京駅前店、ただ今張り切ってオープンです!名古屋本店栄での営業あと半月です。

オンラインショップは365日いつでも営業中です!

第71回の今日は、あのアットリーニやパニコを生み出したナポリ随一の老舗テーラー『ロンドンハウス』の現オーナー「マリアーノ・ルビナッチ」が、伝統と現代の融和を自身で発展させたブランド「RUBINACCI」です。

着心地の良さとエレガンスの極みが追求された「MARIANO RUBINACCI」の顧客には、フェラーリの社長や有名メゾン経営陣など各界のトップ、淙々たる著名人が名を連ねます。

ナポリでは『RUBINACCIでスーツを仕立てる事』がステイタス、成功の証のようです。

かつて日本製ライセンス物マシンメイド品も流通していましたが、多分にもれずイタリア本国仕立てとはまるで別物です。

イタリア本社では徹底した手縫い。ジャケットはポケットや背中の縫い合わせまでほぼ手縫いで手間を掛けて縫製されます。価格も日本製で15-20万位、伊製だと軽く50万超と全く別次元です。

店主の私も何度かナポリ本店にお伺いした事ありますが、一見客はチビってしまうような上流階級の上品贅沢な貴族的世界観でした。

日本国内では伊勢丹メンズ館で取り扱いがあります。
イタリア製はレア物なので今は当店に在庫ありませんが、当店でも正統派クラシコ服として取り扱っています。

↓詳しくはこちらをご覧ください↓
https://artigianociao.jp/brand/rubinacci/

皆様にとって今日も平穏無事な一日でありますように。

(画像はRUBINACCI公式Instagramより)

#RUBINACCI #ルビナッチ #londonhouse

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です