【パニコ PANICO】春夏 小格子柄グレースーツ 46

¥228,000 +税

★本物のオーラを放つ極めて入手困難な希少品!★国内価格60万円位の最高級既製服★正統派クラシコイタリア~ナポリ仕立ての最高峰サルトフィニート物★春夏シーズン向け★まさに一生モノの贅沢を極めた紳士の究極クラシックスタイルの頂点!★耐久性高い極上ポリ混紡ファインウール生地&秀逸ハンドメイド仕立て★美品【PANICO Napoli(パニコ ナポリ)】紳士重衣料業界最高峰の神がかり的ハンドワーク手仕事の小格子柄グレースーツ!サイズ46

在庫あり

商品コード: APC0018 商品カテゴリー:

説明

商品データ

【カラー】ミディアムライトグレー系色地に控え目なピンチェック小格子柄(写真参照)
【素材】表地;ウール70%+ポリエステル30%、裏地;レーヨン(株)ビームス品質タグ付き
【生産国】イタリア製ハンドメイド
【SIZE】表記;46(参考に日本サイズM位です。※写真のマネキントルソーはメンズ標準Mサイズ)
「ジャケット」平置きの実寸で着丈(後ろ側エリ含まず)75、身幅(脇下幅)51、最小身幅46、肩幅43.5、袖丈60.5(袖ボタン開始4.5cm、内側折り返し生地4cm程あります)cm。
「パンツ」実寸でウエスト84(3方出しで最大2~3㎝位出せます)、ワタリ幅(股下10cm部)30、膝幅25、裾幅20、股上26.5、股下76(裾シングル仕上げ、内側折り返し生地9cm、ニセカブラであれば股下75cm位まで変更可能かと思います)cm。
【状態】usedですが着用頻度少なく、特記すべきダメージ見当たらず、状態良好です。
APC0018

商品説明

ご存知、数々の逸話・伝説を持つ南イタリア~ナポリのクラシコイタリアを代表する最後のマエストロと謳われる生き神サルトフィニート(最高峰サルト職人)【Antonio Panico アントニオパニコ】

そのクラシコイタリアーノ・サルトリアの頂点に君臨するナポリ仕立て最高峰の珠玉の貴重なハンドメイド仕立ての定番色グレースーツ。

日本の正規代理店「(株)ビームス」品質タグ付きの国内正規品で、かつてパニコ氏がご自分の意思と目利きによって日本に自身の作品を既成で紹介していたごく限られた時期の希少な逸品です。

数年前までは国内でもごく限られた高感度セレクトショップで少数のみ扱われていましたが、現在はPANICOのビスポーク注文服の取り扱い店も無く、入手するなら本国イタリアに飛んで超高額にてオーダーするしかない極めて貴重な逸品でした。

しかし待望にて今季より伊勢丹メンズ館で既成品の取扱いが再開されたようです。
ただし、以前よりかなり高額設定で高嶺の花になっております

Antonio Panicoアントニオパニコ氏はナポリ4天王の1人でキラ星のごとく輝く天才サルト職人であり、数々の伝説的逸話を持つナポリ出身の生き神サルトフィニート。

男性をより男らしくエレガントに見せるパニコならではのドレープラインが、ひと際美しいフォルムを描きます。

力強い男性の体を描いたやや広めに取られた肩、丸みを帯びたボリュームのある胸から絞り込まれたウエストへとつながり、裾は後方に振られたカッタウェイフロントとなっているタキシードの様なエレガントなドレープラインはパニコ独自のものであり、その理想的なシルエットがあらゆる体系を包み込みフィットする事にパニコの技術の高さを感じ取ることができます。

一見して分かる上質な色艶と風合いの美しいドレープを表現する極上ファインウールのエクスクルーシブ生地を使用し、世界最高峰のテーラリング技術によってハンドメイドで極めて丁寧に仕立てられた、まさにクラシコイタリア最高品質の美しいテーラードスーツ。

クラシコイタリアの美しいシルエットと極上のフィッティングにより普段使いとしてはこの上無く贅沢で、エグゼクティブなビジネスシーンにはもちろん、パーティーやディナーでも最高のパートナーとなりますよ。

エレガントで貫禄あるハイゴージノッチドラペル・フロント段返り3つボタン・バランス良いドロップ寸と、今の時代を反映した旬で美しい正統派クラシコイタリアーノシルエット。

あらゆるシーンで活用できる上品で選りすぐりの最高級生地を贅沢採用し、本場イタリア~ナポリの世界で最も腕の立つ職人に手仕事により時間をかけて丹精込めて仕立てられた、本物だけが持ちえるオーラを佇んだ逸品です。

肩~襟元~首周りのぼりラインの吸い付くようなフィット感。
フワッと肩に乗り、山の裾野のように美しく立体的なショルダーライン。
巧みなパターンと精巧なハ刺し、丹念なアイロンワークによる美しいラペルの返り。
ふっくらと立体的な弧を描く胸囲。
すっきりとしながら柔らかくいせ込まれた可動域の広いアームホール。
身体ラインに沿う立体的な腕の曲線。
バランス良くシェイプされたウエストにかけての流れるようなライン取り。
バランスの良い颯爽とした着丈。

・・多く洗練ディテールと秀逸な仕立て技術により、伝統的ナポリテーラードをベースに旬なエッセンスも取り入れたパニコならではの曲線を描き、ハイセンスで都会的な雰囲気を醸し出します。

そしてナポリテーラード真骨頂”マニカカミーチャ”をベースとした柔らかい袖付けですから、肩~袖アーム部分はこの上無く軽やかで、ジャストフィットして自由度も高く、軽快で柔らかな着心地。

羽織ってみると、首元~肩のノボリ~背中~上胸が身体のラインに吸い付き、優しく包み込まれるような感覚です。

その一方で、肩から上胸にかけては上質な薄芯地で張りを持たせ、ボディーラインが常に美麗に見えるような仕様。

バランス良くシェイプされたウエストにかけての流麗なライン取りは、後ろ姿も美しく見せます。

【ジャケット仕様】
ハイゴージノッチドラペル、フロント3つボタン段返り、袖口は4つキッスボタン本開き本切羽、両脇はD管留め&両玉縁フラップポケット、左胸に美しいカーブのバルカポケット、内側に両玉縁ポケット2つ、背抜き裏地、サイドベンツ。

着心地に関わる重要なパーツはもちろんのこと全行程においてほぼフルハンドであり、マシンメイドでは出せない滑らかに湾曲したバルカポケット、きれいな形状のラペルの縫付けとヒゲ処理、ボタンホールにフラワーホールの手かがり、使い易い高さのボタン縫い付け、そしてラペル~フロントライン・ポケットフラップ縁のAMFハンドステッチはもちろん、背中心の片倒し仕上げや各シームライン沿いのハンド処理など、高度な職人技の手仕事によるディテールが随所に見られるのも魅力です。

機能美・デザインのアクセントとしてはもちろんですが、手間が掛かっていることが一目瞭然で、見る人が見れば高級テーラード仕立てということが一瞬で分かります。

【パンツ仕様】
2プリーツ、ボタンフライのパンチェリーナ仕様、フロントはシームライン沿い閂留め縦ポケット、ヒップは閂留め&両玉縁仕様1ボタン留めポケット2つ、左右にフォブポケット付き、スソはシングル仕上げ。

クリースやドレープが美しく見え、立ち座りの多いビジネスマンには嬉しい腿周りの若干のゆとりを確保した、現代イタリアクラシコ基本のアウトプリーツ設計。

太股まわりに適度な余裕を持たせつつ、程よくテーパードした美しいスリムシルエットで、履き易い上に脚が長くスマートに見えます。

見るからにシックで品格のあるミディアムライトグレー系色地に控え目なピンチェック小格子柄の緻密なブレンドウール生地が、エレガントなフォルムと相まって文化的で洗練された印象を与えます。

クオリティ高いサラッと柔らかくしなやかな肌触りの極上ファインウール素材は、快適な弾力性によりシワになりにくい復元力も兼備した極めて上質なエクスクルーシブ生地です。

そして世界最高峰のテーラード技術を駆使した、極めて美しいカッティング~テーラリング。

そのエクスクルーシヴ生地と最高に秀逸な本場のナポリテーラリング仕立てが、クラシコイタリア最高峰のフィット感と美しいドレープを実現し、着手の存在感をエレガンテに魅き立てますよ。

イタリアではもちろん世界中で名の通った最高峰サルト「アントニオ パニコ」の超一流ハンドワーク・テーラリング仕立ての着心地と優越感は何物にも代え難く、一度体感したら虜になると思います。

生地や仕立てより春夏~秋口シーズンに好適です。

生産数も少なく今となっては大変貴重なクラシコイタリア~サルト界の頂上【PANICO パニコ】の極めてエレガントな本物のオーラを放つ貴重なテーラードスーツを1点のみ、お探しの方にお安くお譲り致します。

※インナーおよび背景物は撮影時のイメージで、付属品ではありません。

Brand

Panico / パニコ

アントニオ・パニコはナポリ仕立ての歴史の中でも最高のサルトと言われており、その跳び抜けた技術は孤高の存在であるがゆえに継承不可能とまで言われている事から、”最後のマエストロ”とも呼ばれている天才サルトです。 現在はナポリとローマにアトリエを構えており、政財界の要人をはじめ世界中の好事家が彼のアトリエを訪れます。 本来パニコはス・ミズーラをのみ扱う仕立職人ですが、畑違いとされているプレタポルテを作る上でもモデリストとしての高い能力を持っており、この能力こそがパニコを天才と呼ばせる理由と言われております。 事実、ロンドンハウス在籍時代にキートンのために設計したコートなどは現在も製品としてラインナップされている程です。 ロンドンハウス時代の逸話も多く、ある日仮縫いの予定が入っていた6人のまったく体系の異なる顧客に対して、仮縫いの準備のできていたのは一着のみであったが、狼狽するマリアーノ・ルビナッチを尻目に彼はその一着で全ての仮縫いをすませ、後日一件の苦情もなく完璧に納品。 それは仕立て職人としての高い能力は言うまでもなく、既製服に最も重要とされるフィッティングの拡大解釈に長けながらも決して凡庸にならない高度なバランス感覚が同居している証であり、モデリストとしての飛び抜けた能力を物語っています。 また、キートンのオーナー、チーロ・パオーネは彼の能力を高く評価し、同社のモデリストとして召集すべく、破格の金額でオファーを出し続けている事もナポリでは有名です。 しかし、彼はそのオファーには見向きもせず数年前に自身の名を冠したプレタポルテの開発に乗り出しました。 しかしながら、サルトの手仕事を装飾としてのみ用い、見えない部分は機械に頼って生産量を確保するキートンやアットリーニなどの高級既製服メーカーとは方向性が180度異なっており、パニコの作るプレタポルテは彼自身のアトリエ内でス・ミズーラの工程とまったく同じ正真正銘のフルハンドとなっております。 これは推測ですが、パニコ特有のダイナミックで丸みを帯びたドレープラインを形成するにはフルハンドでなければならなかったのだと思われます。 事実、ナポリの彼のアトリエでスミズーラしたジャケットと比較しても作りはまったく同じで、最も困難とされる背中の丸みも一切手抜きなし、巧みなアイロンワークにより生地が劇的に歪められ立体感を実現しています。 この事は同時に、見えない部分の下ごしらえが完璧に成されている事を意味しています。 恐らく、ここまで純度の高いフルハンドはフルオーダーをしない限り外では手に入る事はないと思われます。 商品の生産効率よりも完成度を重視したパニコに職人のプライドを感じる事ができます。 既成ラインでもファブリックの表示がありませんが、目の詰まったビンテージ生地を好んで使用しているようです。 パニコの素材選びの厳しさはナポリ随一でありパニコ自身が認めた服地しか使わないので、ビンテージファブリックであるか否にかかわらず必然的に上質な服地となるのは言うまでもありません。 また、ビンテージファブリックの所有量もロンドンハウスに次ぐ量であると言われており、その扱いもロンドンハウス在籍時代から蓄積されてきたパニコ独自のノウハウをもって仕立てられています。 ジャケットのシルエットは力強い男性の体を描いたやや広めに取られた肩、丸みを帯びたボリュームのある胸から急激に絞り込まれたウエストへとつながり、裾は後方に振られたカッタウェイフロントとなっているタキシードの様なエレガントなドレープラインはパニコの独自のものであり、その理想的なシルエットがあらゆる体系を包み込みフィットする事にパニコの技術の高さを感じる事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です